引越し 人形 処分方法

引越しと人形の処分方法

引越し 人形

 

日本ではどこの家庭にも多くの人形がありますね。
フィギュアやぬいぐるみ、お世話人形だけではなく、ひな人形や五月人形などの伝統的な人形もあります。

 

ひな人形やさつき人形などは健やかなお子さんの成長を願って、祖父母やご両親から送られたものも多く簡単に処分することができません。

 

このように、人形は非常に処分しくいものなのです。
しかし引越しの時に古いものや、新居が狭くて大きな人形を飾るスペースがないなどの理由で人形を処分したいと思うかもしれません。

 

そこでオススメなのが、人形供養という処分方法です。

 

人形供養は各地の神社仏閣で行っており、「人形供養 地名」で検索すれば近くで人形供養をしている神社仏閣を探す事ができます。
残念ながら家の近所に人形供養をしてくれるところが無い場合でも、郵送で受付してくれるところがあります。

 

供養費用を支払って、供養ののちにお焚き上げをしてもらうのです。
費用は箱単位のところや1体単位のところなど、様々です。

 

人形を持って行くこともできるようですが、いつでもやっているわけではありませんから、ホームページで調べたり、電話で確認しましょう。

 

ガラスの箱に入った人形の場合は、処分対象外のところと追加料金を支払えば処分してくれる業者とがあります。
ほかにもひな壇、ボンボリ、灯篭など電気製品は人形供養の際には対象外に場合があるのでご注意ください。

トップページ > ベットの配送は引っ越し業者にお任せ