ベット配送

ベットの配送は引っ越し業者がおすすめ

ベッド 配送

ベッド 配達

ベッド 郵送

ベッド 送る

 

ベッドは大きくて自分で運ぶのは難しい家具です。
ベッドを運んでくれそうな業者は、宅配業者か引越し業者、便利屋などが考えられます。

 

この中で1番数の多い業者は、引越し業者です。
しかも、引越し業者は一括見積もりが出来ますので、簡単に1番安くベッドを配送してくれる会社を探すことが出来ます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

ベッドは一度分解して配送したのち、新居で組み立てるそうです。
毎日何回もベッドの配送をしている引越し業者だから、難なくできるワザです。

 

引越し業者には大きな家具だけを運ぶというサービスがありますので、ベッドだけでも配送してくれます。

 

お気軽にお見積りください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

引越しの手順

 

引越しと手続き

 

引越しにはいろいろな手続きがあり、大変混乱しますが手順を知っておけば大丈夫です。
おおまかな手順を記しますので、確認してくださいね。

 

 

・まず最初に新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し費用は、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターありの4階となしの4階では同じ料金ではないので、新居が決まったら早めに見積もりを取って引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに使わない荷物からすこしずつ梱包します。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
荷物が多いと引越し費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
健康保険や年金についても役所で聞いておく。
市外へ引越しする際は転出届を提出しましょう。さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しておきます。
新居での手配を忘れると電気がつかない、お湯が出ないなど哀しい結果になるのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。
しかし郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
あらかじめ家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

いかがですか?
結構多いですが、一つずつこなせば案外簡単に終わるかもしれませんよ。
頑張ってくださいね。

 

 

引越しと繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があるのをご存知ですか?
引越し業界では3月が1年で一番引越し件数の多い時期となります。
3月に引越し件数が多くなる理由は、新大学生・新社会人が4月の新学期から新しい環境に旅立つためです。

 

さらには春の人事異動によって転勤となるサラリーマンとその家族、単身赴任のサラリーマンなどの引越しもこれらに重なります。
これだけ多くの人が新学期に向けて一斉に動くわけですから、引越し業者は大忙しです。

 

引越し業者も手をこまねいているわけありません。
繁忙期に備えてスタッフを増員したり回る件数を調整したりするのですが、日によってはそれ以上の予約が入ります。
そんなときはどうしても引越しの依頼を断らざる得ません。

 

ですから引越しする方も繁忙期は早めに見積もりを取って、契約しておくことが重要です。

 

ふつうに考えて安くてサービスの良い引越し業者からどんどん予約が埋まります。
見積もりのタイミングとしては、新居の住所がわかったらすぐがオススメです。

 

繁忙期の引越しは通常期よりも費用が高めになりますが、早めの準備で少しでもお安くすることはできます。
大変ですが、頑張ってくださいね。

 

 

引越しの初期費用とは?

 

引越しの初期費用

 

引越しには大きなお金がかかります。
中でも大きな金額がかかるものは、引越し代と物件の契約料ではないでしょうか。
マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる契約料についてよくわからないと思います。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。これらはどんな費用なのか把握していますか?

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で入居する前に貸主に預ける形になっています。
ほとんどの場合、部屋を綺麗に使って退去時に使わなかった分は返還されます。
ですから入居の前に大きな傷やへこみがないか確認し、あれば写真に撮ってのこしておきましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたものです。
指定されている場合は支払う必要がありますが、最近は礼金ゼロという物件もあります。
部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあるのかもしれません。
逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという貸主もいます。

 

考え方は人それぞれで、契約料は物件によってかなり違いますね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
法的に決まった金額はなく、家賃1カ月分だったり家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっていますので、確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入させられます。
例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。一人暮らしでも火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行ったほうがいいです。
なぜなら前の住人がスペアキーを作って返していない可能性もあるからです。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

 

電子 ピアノ 配送 ベッド 輸送 使わない ピアノ ベット 送料